FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝取られストーリーの「視点」について

例えば。
直接的じゃない不審や証言が積もり積もって、思わず行動した結果自らの目で妻の決定的な光景を覗いてしまったり。
ほんの少し前に隣にいた彼女を、次の瞬間モニタ越しの痴態でしか眺めることしかできなくなってしまったり。

「寝取られ」ということは、主人公がどこかの段階で「取られ」たということを認識する瞬間があるわけで。
それをどのポジションで気づくか。意外と重要そうで、色々考えたりします。
「なんだよー、何でそこまでやられてんのに気づかないのー?」と読み手を醒めさせてしまった瞬間、
せっかくのテキストは何割か魅力を失ってしまうかもしれません。
ごく自然に読み手に「セクシャルなストレス」をかけていくのが「寝取られ」の武器でしょうし、
主人公が「気づく・気づかない」というポジションをうまく見せるのが大事になって来るかと。
で、視点。主人公がヒロインに対してどの場所から眺めているのかという、視点。
トータルなクオリティはさておき、『大迷惑』では王道である「覗く」という視点を、
『orz』シリーズ2作では「モニタ越し」という奇妙極まりない視点を盛り込んで、
ある程度の手ごたえを感じており、更に新しい作品で別の挑戦をしたいと思いました。

「ケダモノの嵐」は、別の寝取られ文のプロットを組み立てている時、
新たな視点のアイデアが天から降ったように沸いて来たからこそ制作開始した作品です。
あんまり大したアイデアではないかもしれませんし、今後は王道にもまたちゃんと取り組みたいのですが、
今回はそのアイデアを生かしながら進めています。
完成間近になれば、詳しい設定も公表したいと思います。
それまでもうしばらくお待ちくださいませ。

で。
主人公の目の前で、数年ぶりの仕事用のスーツ姿で、「大丈夫だよ」と夜どこかに出かけていくヒロイン優衣さん。

ty-01_a.jpg


コメントの投稿

非公開コメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
販売中の作品
プロフィール

桂大枝

Author:桂大枝
「あのバカは荒野をめざす」
http://www2.plala.or.jp/goh/top.htm
というサイトでおバカなことやってます。

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。