FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイトルを考えたり

まだほとんど何も決まっていない次回作ですが。
出したばかりの「祭りのあと」のやんわり余韻を残しつつ、
なぜかユニコーンのディスコグラフィやPVなんかを検索している今日この頃です(笑)。
ひそかに「今度はそれで行くぞ!」みたいな決意をしてみたり。意味不明ですか?

思えば、サークルとしての処女作「大迷惑」。
ユニコーンの曲をはじめて聴いた時から、ああいった妄想をしておりました。
普通なら「離ればなれでかわいそうな男女」くらいで終わるのでしょうが……。
その他にもユニコーンには、なんていうか「一筋縄ではいかない恋愛」という
雰囲気の楽曲が多くあります。「ケダモノの嵐」もそういった曲のひとつです。

次回作用のすごく、すごく薄ーいプロットを考えている時に、
「あー、あの曲が合ってるかもなぁ」的なことまでは考えたりしています。
候補は3、4個?ジャンルは当然決まってるので、いろいろ意図をこめられるような。

しかしやはり、まだ何も決まっておりません(笑)。
どうなるか先が見えない状況で、テキストを少しだけ書き始めた状況です。
タイトルや登場人物も含め、どう転がるかを応援していただけると嬉しいです。

要するに、誰かに自慢したくてたまらない。
生まれてから長い間、こういった喜びは初めて。
好きな娘ができても、結局告白もできないまま終わるばかり。
それは幼稚園から中学校、いやついこの間まで続いていた。

明らかにダメな奴ではないけれど、とにかく目立たない俺。
運動神経も微妙。勉強は中の下。ルックスは中の中。
多分特に盛り上がりもないまま、このまま学生生活が終わる。
そんなものだろうとあきらめかけていた、ある日。

「その役目、私と夏目くんでやるから」

その瞬間だって。
俺は文化祭の出し物なんて興味がないまま窓の外をぼんやり見てた。
どうやら自分の苗字が呼ばれたっぽい、そんな感じで。
ゆっくりと視線を向けた先には。

「夏目くんは古い建物とかに詳しいし。私も興味あるし。うん」

こちらを見るでもなく、ただ進行係に向かい。
俺が小さい頃からお寺や神社の写真を撮ってたこと。
近所では飽き足らず親に頼んで古い温泉街や宿場町まで出かけたこと。
そんな俺の様子を小さい頃からよく知ってる人物が、そう発言している。
しかし、しかしだ。
お前がそんな俺の趣味に興味がある?いやいや、初耳もいいとこ。
お前はあの頃遊びの輪に入らない俺を遠巻きで見てる一団の中にいただけだろ。

困惑する俺をよそに、結局そいつは俺を一度も見ないまま発言を終えて。
特進クラス優先で、劇や飲食店をやる余地もなくダレ切ってたわがクラス。
年老いた先生がじゃあと提案した、
「わがまちのこれまで・これから」なんていうどーしようもない出し物。
その「これまで」のほうを、どうやら俺とそいつでやることになった、らしい。
反対意見も出ず承認されて、着席する時ようやく俺のほうを見た、そいつ。

松田結衣奈。
幼なじみ?違う違う。
ただ近所に住んでただけ。ただそれだけ。

なのに。
突然。
俺、宮本遼と松田結衣奈は……距離を縮めていくことになる。
要するに、誰かに自慢したくてたまらない。

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
販売中の作品
プロフィール

桂大枝

Author:桂大枝
「あのバカは荒野をめざす」
http://www2.plala.or.jp/goh/top.htm
というサイトでおバカなことやってます。

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。